セキュリティ対策簡易評価

それぞれの項目の回答にチェックを入れて確認画面にお進みください。

Q1 ホームページの制作・設計・開発・導入段階において、事前にセキュリティ上の問題が起こらないよう対策を施している。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q2 ホームページを置いてあるサーバーのFTPログインID/パスワードや、コンテンツ管理のID/パスワードなどを定期的に変更している。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q3 サーバー上で動作するフォームやコンテンツ管理システムなどのプログラムのバージョンは常に最新の状態に保っている。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q4 定期的に制作したホームページの原本と、実際にサーバーに実装されているデータの比較を行い、改ざんされていないかチェックしている。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q5 PCの脆弱性を解消するためにOSや各種プログラムのアップデートを行い、常に最新の状態に保っている。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q6 セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを最新に保ちながら使用している。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q7 サイトの改ざん、ウイルスの被害などが発生した場合の対応マニュアルがある。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q8 信頼できる取引先、業務関係者からのメールに添付されたpdfやexeファイル、zip、lzhなどの圧縮ファイルについても閲覧・実行や解凍する前にウイルスチェックを行っている。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q9 ホームページの問合せフォームや会員サイトなど、個人情報を扱う仕組みは、安全性を確保するための通信路暗号化技術のSSLを導入している。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
Q10 ホームページやそれに紐付くプログラム、データベースなど定期的に専門家の脆弱性診断を実施している。
[ 対策済み ] [ ほぼ対策済み ] [ 未対策 ] [ わからない ]
結果を確認する