標的型メール訓練サービス事例

 

標的型メール訓練、Webラーニング

業種 製造業医薬品開発
対象数 600アドレス
目的 社員リテラシアップ
メール訓練やアンケートによる現状分析
Webラーニングや集合研修による教育の実施
訓練サイクル 1回/四半期 (初年度 1回/月)
備考 年金機構のインシデントから自社にて訓練を実施。訓練メールの難易度や教育を含め当社へ依頼

標的型メール訓練

業種 金融業
対象数 15,483アドレス 4回に分けての実施(67企業)
目的 CSIRTの一環としてグループ会社を含め訓練を実施
CSIRTで定義した、スキームの確認
開封及び受信時報告、開封時報告の数による評価
訓練サイクル 1回/年
備考 初年度は、他社にて訓練を実施。
訓練メールパターンや開封時コンテンツ、アンケート機能の柔軟性から当社へ変更

関連記事

ピックアップ記事

  1. IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)から発表された「情報セキュリティ10大脅威 2018」では組…
  2. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
  3. 「ローカルプロキシツール(BurpSuite)の紹介」 ローカルプロキシツールの有効性 We…
ページ上部へ戻る