Webサイトを改ざんされて、それに気づかぬまま運営していることによるリスクとは

改ざん後のページを閲覧した顧客などのパソコンがウイルスに感染し、個人情報や機密情報の流出、業務の停止による損害、社会的信頼の失墜など甚大な被害をもたらす可能性があります。

ピックアップ記事

  1. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
  2. 「ローカルプロキシツール(BurpSuite)の紹介」 ローカルプロキシツールの有効性 We…
  3. 近年のセキュリティ10大脅威 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「情報セキュリティ10大脅…
ページ上部へ戻る