Webサイトを改ざんされたらどうなるの?

Webサイトが改ざんされると、Webサイトの利用者に被害を及ぼす恐れがあります。攻撃者はWebサイトに不正なスクリプトを埋め込み、訪れた利用者を悪意あるWebサイトへ誘導、閲覧した利用者のパソコンに脆弱性があるとマルウエアに感染してしまいます。知らぬ間に自社のWebサイトが加害者になってしまう場合もあり注意が必要です。

ピックアップ記事

  1. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
  2. 「ローカルプロキシツール(BurpSuite)の紹介」 ローカルプロキシツールの有効性 We…
  3. 近年のセキュリティ10大脅威 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「情報セキュリティ10大脅…
ページ上部へ戻る