Webサイトが改ざんされてしまう原因とは

Webサイトの改ざんというとサーバーの弱点を悪用されるケース以外にも、ページの更新で利用するPCのセキュリティアップデートをされていなかったためにウイルスに感染し、サーバーへのログイン情報が流出したり、退職したホームページ担当者がいるにもかかわらず、パスワードを変更していなかったため、外部より改ざんされてしまうというケースがあります。

したがって、サーバー側の対策だけではなく、社内のPCを含めた総合的な対策が必要ということになります。

ピックアップ記事

  1. Nmapを使ったWebサイトの利用可能な暗号化プロトコル・暗号スイートのチェックについて は…
  2. IPA 「安全なウェブサイトの作り方」第1章のHTML版が公開されました。 初めに は…
  3. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
ページ上部へ戻る