標的型メール攻撃ってどのような攻撃?

「標的型メール攻撃」は、攻撃者が絶対に手に入れたいと思っている情報を持っている「特定少数」を狙い撃ちにする攻撃です。攻撃者はターゲットとなる企業の情報を入念に調べて、知人や取引先などを装ってメールを送信します。また、添付ファイルも違和感が少なく、気づかないうちにマルウェアに感染させられてしまいます。

ピックアップ記事

  1. Nmapを使ったWebサイトの利用可能な暗号化プロトコル・暗号スイートのチェックについて は…
  2. IPA 「安全なウェブサイトの作り方」第1章のHTML版が公開されました。 初めに は…
  3. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
ページ上部へ戻る