標的型メール攻撃ってどのような攻撃?

「標的型メール攻撃」は、攻撃者が絶対に手に入れたいと思っている情報を持っている「特定少数」を狙い撃ちにする攻撃です。攻撃者はターゲットとなる企業の情報を入念に調べて、知人や取引先などを装ってメールを送信します。また、添付ファイルも違和感が少なく、気づかないうちにマルウェアに感染させられてしまいます。

ピックアップ記事

  1. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
  2. 「ローカルプロキシツール(BurpSuite)の紹介」 ローカルプロキシツールの有効性 We…
  3. 近年のセキュリティ10大脅威 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「情報セキュリティ10大脅…
ページ上部へ戻る