サイバー攻撃による被害って日本でどのくらいあるの?

実は日本はサイバー攻撃の受ける頻度が非常に高く、世界第3位の標的となっています。年間被害人数は約400万人。なんと10秒に1人がサイバー攻撃の被害に遭っているのです。特に企業や政府関係のサイトは社会的影響度が高いため、ターゲットにされやすい傾向があります。

ピックアップ記事

  1. Nmapを使ったWebサイトの利用可能な暗号化プロトコル・暗号スイートのチェックについて は…
  2. IPA 「安全なウェブサイトの作り方」第1章のHTML版が公開されました。 初めに は…
  3. 忙しいWebアプリケーションエンジニアのためのWebセキュリティ第一歩 Webセキュリティをどこで…
ページ上部へ戻る