TOP >  サービス案内 >  標的型メール訓練サービス

標的型メール訓練サービス

疑似的な不審メールを対象者に送信し標的型メールへの対応を訓練します。開封結果を取りまとめ結果状況に応じて対象者を選定し、標的型メールの脅威、対策、セキュリティ脅威動向等の研修を行い、セキュリティ意識の向上を図ります。

標的型メールとは

特定の企業や組織の情報を狙った標的型サイバー攻撃
標的型メールを用いてマルウェア(不正なプログラム)を感染させ、潜伏するマルウェアを利用し組織内のネットワークへ侵入→遠隔操作で情報を窃取します。

従来の不特定多数に大量に送られるウィルスメールは被害が広範囲となる一方で、早期発見と対処が可能でしたが標的型攻撃メールは特定の組織や個人にしか送られないため、ターゲットのために作成された「未知のマルウェア」が利用されることが多く従来のセキュリティ対策製品では検知できない可能性があります。また取引先など関係者を装う狡猾な詐欺行為によって侵入してくるため、攻撃に気づかない場合もあり、結果的に重要情報を盗み出される危険性があります。

標的型サイバー攻撃
 

標的型メール訓練サービス 

標的型メール訓練サービスは、標的型攻撃を模擬したメールを訓練対象者へ実際に送付します。送信するメールは添付ファイル形式とメール本文にURLを記載する形式と2パターン対応可能です。どちらもクリックした対象者には、啓発ページが表示され標的型メールの実態や不審メールを見分けるためのポイントなどをご紹介します。ご報告する結果レポートには不審メールの添付ファイルまたはWebリンクをクリックした対象者名、部署名、メールアドレスをカテゴライズしてご報告いたします。

実施イメージ

標的型メール訓練サービス

啓発ページのイメージ

メールの添付ファイルまたはWebリンクをクリックした対象者は、啓発ページが表示

hyouteki3

 

レポートサンプル

不審メールの添付ファイルまたはWebリンクをクリックした対象者名、部署名、メールアドレスをカテゴライズしてご報告

hyouteki4

 

プロが診断!セキュリティ対策に関するお問い合わせはこちらからどうぞ